本文へ移動
ふたばの特色
障がいのあるお子様や発達に特性のあるお子様が、
運動に特化した療育を利用できる福祉サービス
「通いたい!」と思ってもらえるような、
楽しんで成長できるプログラムを実践しています。
できるを実感するプログラム『Jメソッド運動療法』 
プロスポーツチームや選手も先生として来てくれる!


身体作りの基礎から始めて運動神経を伸ばします。運動が苦手な子も得意な子も楽しめる『Jメソッド運動療法』を取り入れており、身体と感覚を一緒に鍛えます。また、プロバスケットチーム「バンビシャス奈良」が年に2回ダンスやバスケットを教えに来てくれる、その他プロスポーツ選手を呼んだ特別なイベントもあります。
子どもたちの興味を引き出すプログラムで
楽しみながら自立を促す!

 子どもたち一人ひとりの発達に応じた療育プログラム(SST、机上療育、制作活動、クッキング・・・など)を通して日常生活における基本的な動作や集団生活への適応を促していきます。自立を目指すお手伝いとして子どもたちが楽しめること、興味の持てることを取り入れていきます。

わたしたちについて
pixta_82350855_M
障がいのあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、運動に特化した療育を利用できる福祉サービス
児童発達支援・放課後等デイサービスふたばは、
発達に心配があるお子様や障がいを持ったお子様の支援を行っています。
同じ環境のお子様と一緒に自立を目指すと同時に、
ご自宅や学校ではできない特別な体験や活動を提供しています。

ふたばの療育への考え

 ふたばでは感覚統合理論に基づき療育を行っております。
 お子さまが求める感覚への探求を重視し主体的に動いてもらっております。(反復的な運動等のプログラムを「やらされる」ではなく「みずから取り組む」)
 スタッフはお子さまの活動のなかで安全面を配慮しながらできることから挑戦してもらい、次に自らの課題設定を行い「できた」を体験してもらっております。
この、「できた」は脳にとっての最大の栄養素であり感覚統合にとって最重要な行為になります。
決められたプログラムをただ、反復的に繰り返すのではない、ふたばのプログラムでお子さまにストレスの無い時間を過ごしいただきます。
また、運動療育を通じてソーシャルスキル(社会性等)について学んでもらいます。社会性とはルールを守ること、気持ちを伝えること、気持ちをくみ取ること、感情をコントロールすること等をさし、社会で生活していく上で必要な力になります。このトレーニングについても感覚導入でしっかり感覚欲求が満たされた状況が効果の高いトレーニングにつながります。
 ふたばでは学習支援や発語についてや「しつけ」は行いません。それぞれの課題を解決するために土台となる感覚(固有覚・前庭覚・触覚・視覚・聴覚)を養い調整することがふたばでの活動です。
土台をしっかりつくることでそれぞれの課題解決に繋げています。(図)
運動療育の時間以外ではSSTを含め製作やクッキング、自由遊びを通じ微細運動、行為機能、協調運動、ワーキングメモリ、創造性等を養っております。

以下に利用者様の声の一部を掲載します。

利用者様の声:生活面

・落ち着いて学校での授業を受けられるようになった。
・学校に通えるようになった。
・他児への対応が変わり他児との関係性がよくなった。
・暴言が減った。
・癇癪(かんしゃく)が減った。
・ことばが増えた。
・気持ちの切り替えができるようになった。

利用者様の声:運動面

・公園の遊具への抵抗がなくなりチャレンジできるようになった。
・エスカレーターが一人で乗れるようになった。
・体幹が向上しボルタリングができるようになった。
・ぶつける・こけるが減った。
新着情報
児童発達支援・放課後等デイサービス 
ふたば
〒630-8144 
奈良県奈良市東九条町17番地の1 101号
 0742-93-9153 
TOPへ戻る